SAOオーディナルスケール感想!100層ボスと演出に涙が止まらなかった

SAOオーディナルスケール

[st-kaiwa1]ただただ面白かったぞ!SAO知らなくとも見ておくべき![/st-kaiwa1]

遅くなりましたが、SAOオーディナルスケールの感想を綴りたいと思います。結論から言えば、めちゃくちゃ面白かったです。ストーリー良し、迫力良し、映像良し。

あっという間の2時間でしたね。元々、SAOが大好きという補正もありますが、オーディナルスケールは良い映画だと思います。

さて、オーディナルスケールは既に感想記事がたくさんあるので、私から伝えるのは最後の100層ボスの所にファーカスします。

とあるスポーツ選手のネタをお借りすると「何も言えねぇ」でした。あまりの感動具合に胸が熱くなりました。

そもそも100層ボスが来るなんて思いも寄らなかった!

[st-kaiwa1]正直かなり焦ったな。全くの予想がすぎたわ[/st-kaiwa1]

最後の100ボスの演出は正直ビビりました。普通に震えましたね。まさかのここで出してくるんだ!!!と拳がギュッとなったのを今でも覚えています。

SAO知っているかつ男の子なら確実に胸が高まる演出だったに違いないでしょう。

迫力のあるバトル映像

そして迫力のあるバトル映像も凄まじかった。劇場版に対する制作側の本気度が一気に伺えた映像で終始興奮していましたね。映画館では声を挙げることができないですが、自宅で1人で見ていたら普通に「おぉぉぉ!」と声を挙げたくらい素晴らしい映像でした。

まぁ、100層に限らず他のボス戦も凄まじい迫力だったんですけどね。ただ、100層ボスの時はちょっと次元が違う感覚でしたね、言葉では上手く表現できないくらい凄まじかった。

また、バック音楽もカッコ良すぎね!「let’s join swords」という曲が流れたのですが、オリジナル要素もしっかり加わっていて疾走感もあってより臨場感を味合わせてくれました。

さすがは梶浦由紀さんだなっと。

「私ができること!マザーズ・ロザリオ!」

ただただ泣いたよね。この演出はあまりにも響きました。そこ!そこでユウキを出すの!としか思えず、涙ドバドバでしたよ。歴代キャラクターをほとんど出してきた計らいは本当に素晴らしいとしか言えません。

しかもね、アスナが記憶を無くしている条件下で「私ができること!」ですから、余計に感動しちゃったんですよね。「ユウキだけは忘れていない!」みたいなね。

よくよく考えれば、アスナはアインクラッドの記憶しか消えていないからユウキのことは忘れていない。って話が進むにつれて分かったはずなんですが、こればかりは気づかないですよね。

勘のいい人なら劇中でユウキの演出があるかもーって勘づいていたかもしれませんが、私は無理でした。むしろ気づいた人はマジで凄い人ですね。

ともあれ、このユウキ演出は思い出しただけでもカッコよすぎ&感動ものすぎて涙が出てきそうです。記憶を消し去ってもう一度見たい瞬間です。

まとめ

[st-kaiwa1]本気で面白いから!絶対にみて![/st-kaiwa1]

本当にオススメできる作品でした。SAOを知らなくてもストーリーが面白いので、知らない人でも興味があれば観賞してみてください。ただ、ユウキが出てくる最終決戦の感動はSAOシリーズを見た人しか分からないかもです…。

まぁ、劇場版で興味を持ってアニメシリーズを見れば、なぜ感動するか分かると思うので劇場版を見たらアニメシリーズも観てください!

[st-mybutton url=”https://xn--cckvbm4ewb4etjm74vntf9t0hqs2c.com/#anime-vod-ranking” title=”アニメを見るならコレ!おすすめアニメ視聴サイトはこちら” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#4FC3F7″ bordercolor=”#4FC3F7″ borderwidth=”1″ borderradius=”30″ fontsize=”85″ fontweight=”” width=”100″ fontawesome_after=”fa-angle-right” ref=”on”]

2 COMMENTS

風蘭

しかもユウキが一緒に攻撃するわけではなくて、最後アスナの背中をそっと押しているところが何とも言えないですよね

返信する
アニメ動画配信サービス制作委員会

コメントありがとうございます。その感性大好きです…。今思い返せば、一緒に攻撃するより背中を押してあげる演出は神がかってましたね。あぁ~早くBDが欲しいですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA